ちびっ子力士がまわし姿で 長崎県壱岐市で園児の相撲大会

カテゴリ:地域

壱岐市で、幼稚園や保育所の園児が参加する相撲大会が開かれ、ちびっ子力士たちが熱戦を繰り広げました。

腰を落とした「蹲踞(そんきょ)」の姿勢も、まだ、さまになっていませんが、気迫だけは十分!さあ見合って、見合って、「はっけよーい のこった」

まわしをつかんで土俵際での攻防の末、勝負あり!

壱岐市芦辺町で行われた一支国幼児相撲大会です。

22回目を迎え、個人戦と団体戦に、あわせて約350人が出場しました。

男の子も女の子もまわしをしめ、保護者の声援を受けながら、土俵上で、力いっぱい、押し合ったり、投げ合ったりしていました。

団体戦には、福岡の保育所も含めて53チームが参加し、地元の保育所の「わたらキラキラズ」が優勝しました。