【北海道の天気 9/11(水)】暑さ一転、きょうは20℃届かず…あすは西から秋晴れ!

カテゴリ:地域

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時00分現在

◆秋と夏のせめぎあい

 日本列島には、季節を分ける秋雨前線が伸びていて、

 東~西日本は暑い空気に覆われていて、35℃前後まで上がったところもありました。

 一方、道内の最高気温は20℃前後と、肌寒く感じられるところもありました。

 きょうは、秋雨前線上に発生した低気圧の影響で、広い範囲で雨が降りました。

◆雨雲の予想

 日本海側では雷注意報の発表されているところがあり、

 今夜遅く~あす朝にかけて雷を伴って雨脚の強まる所もありそうです。

 道東とオホーツク海側は、天気の回復が遅く、あす午後になりそうです。

◆秋の天気は変わりやすい

 北海道の西にスタンバイしているのは、大陸生まれの秋の乾いた空気の高気圧です。

 あすは日本海側から天気が回復してくるため、あすの午後は洗濯日和となりそうです。

 

◆札幌 区ごとの予報

 今夜からの雨は明日の朝までには止みそうです。

 西区、手稲区、南区は、明日の午前までは、小雨が残るかもしれません。

 最高気温は22℃から23℃で、快適な気温となりそうです。

◆あすの天気

 西から天気は回復します。

 オホーツク海側の雨は、昼前まで、道東は昼過ぎまでとなりそうです。

 午後は各地で天気が回復しそうです。

◆あすの気温

 きょうに比べると、2~3℃高くなります。

 函館は、25℃で汗ばむ陽気になりそうです。

◆週間予報

 最も晴れが期待できるのは、金曜日です。

 ただ、旭川は最低気温が9℃と朝は冷え込みが強まりそうです。

 3連休は前線が北海道の近くにあるため、雨予報に変わる可能性があります。