体育大会の練習で…松山の中学生12人が熱中症 意識失い心臓マッサージも【愛媛】

カテゴリ:地域

厳しい暑さになった11日、松山市の中学校で屋外で体育大会の練習をしていた生徒12人が熱中症になり、このうち1人が一時意識を失うなどして3人が病院に搬送されました。現在は全員快方に向かっているということです。11日午後1時頃、松山市の椿中学校で生徒12人が熱中症の症状を訴えました。このうち3年生の男子生徒1人が一時意識を失い心臓マッサージを受けるなど重症となり、あわせて3人が病院に搬送されました。病院で手当てを受け現在は全員が快方に向かっているということです。中学校によりますと11日は午前8時40分から午後0時40分まで体育大会の練習をしていたということで、適宜、休憩や水分補給をしながら練習をしていたと説明しています。また新居浜市の県立新居浜南高校でも、体育祭の最中に女子生徒6人が熱中症を訴え病院に搬送されました。いずれも命に別条はないということです。11日の県内は高気圧に覆われて概ね晴れ、大洲市で35℃と猛暑日になったほか、松山市で33.7℃、新居浜市で33.8℃など、それ以外の観測地点も全て30度以上の真夏日になりました。