鹿児島市議会 LGBT政策をめぐる質問 議会紛糾

カテゴリ:地域

性的少数者、いわゆるLGBTに対する施策をめぐる鹿児島市議会での質問について、「質問が差別を助長する」として当事者団体が質問の取り下げを要請する中、11日通告通りに質問が行われ、議会は紛糾しました。

LGGTの質問を行ったのは自民みらい会派の上田勇作議員です。

自民みらい会派は地方都市で進んでいる同性パートナー制度などを引き合いにして、LGBTの施策に関して「地方都市が積極的に推進するのではなく、国の枠組みができた上で慎重に慎重を重ねた議論が必要」と述べました。

一方、これに異を唱えたのはLGBTの当事者などでつくる団体「レインボーポート向日葵)」で活動する正貴さんです。

レインボーポート向日葵は今月9日、鹿児島市議会の事務局に対して自民みらいの代表質問が「世の中の偏見や差別を助長しかねない発言により一市民として恐怖を感じる」などとして質問の取り下げを要請していました。

また、自民みらい会派の一連の質問に関して共産党市議団が発言の取り消しを求め、議会が一時中断しました。

今後、議会運営委員会で会議録を精査した上で改めて取り扱いについて協議をする方針です。