ラグビー南ア代表が小学生と交流&高校生が学ぶ

カテゴリ:地域

今月7日からキャンプのため鹿児島市を訪れているラグビー南アフリカ代表の選手らが11日鹿児島市の小学校で児童らと交流しました。

11日鹿児島市の中郡小学校を訪れたのは、ラグビー南アフリカ代表の選手やスタッフあわせて6人です。

選手らは児童から、南アフリカ代表の優勝を願うくす玉や力強いソーラン節などで歓迎を受けました。

また、選手と児童が直接触れあえるコーナーでは児童が腕にぶら下がっても選手はびくともしません。

力強い姿に、児童らは終始大興奮でした。

また11日は高校生のラガーマンたちもラグビー南アフリカ代表の選手から、直接手ほどきを受けました。

グラウンドで世界最高峰の選手たちと対面したのは鶴丸、甲南、鹿児島実業のラグビー部員約40人です。

歓迎行事もそこそこに、早速、実践練習スタートしました。

世界トップクラスの選手たちが教えてくれたのはまずは基本に忠実に、そしてとにかくラグビーを楽しもうというのびのびした姿勢でした。

南アフリカ代表チームの鹿児島合宿は今月13日までで、12日は公開練習とサイン会が行われます。