長崎4区選出・北村誠吾衆議院議員が地方創生 兼 規制改革担当相に就任

カテゴリ:地域

県内からは9年ぶりの入閣です。

安倍総理大臣は11日に内閣改造を行い、長崎4区選出の自民党 北村誠吾衆議院議員が地方創生 兼 規制改革担当大臣に就任しました。

安倍総理大臣は11日「安定と挑戦の内閣」と命名した第4次安倍再改造内閣を発足させました。

県内からは長崎4区選出の北村誠吾衆議院議員が地方創生 兼 規制改革担当大臣に就任しました。

北村衆議院議員は北松浦郡小値賀町出身の72歳で、2000年6月の衆院選で初当選し、現在7期目です。

防衛副大臣や衆議院の沖縄・北方問題特別委員長などをつとめ、現在は自民党の総務会副会長で長崎県連の会長です。

佐世保市 朝長則男 市長「大都会集中ではなく地方活性化をさせるための手段として、IR(統合型リゾート)もひとつの方法であることを主張していただきたい」

長崎県 中村法道 知事「本県は人口減少そのものになかなかブレーキがかからない状況にありますし、地域の活性化に向けて引き続き力を賜りたいと願っているところ」

取材に対し北村議員は「日本のため、地元のために頑張りたい」と抱負を語っています。

県内からの入閣は民主党政権時の文部科学大臣 高木義明さん以来、9年ぶりとなります。