高級ブドウ“シャインマスカット”初出荷 日照不足でも「甘さ」は例年並み 長野・須坂市

カテゴリ:地域

ブドウの産地である長野県須坂市などで、高級ブドウ「シャインマスカット」の出荷が始まりました。

ツヤのある黄緑色の実。須坂市の共選所には11日朝、農家が次々にケースを持ち込み、甘くさわやかな香りが漂いました。「JAながの」では、11日、500ケースを出荷しますが、6月と7月の日照不足で生育が遅れ、数は例年の半分以下となっています。ただ、8月は天気が回復し、粒は小さくても例年通りの甘さになったといいます。

(JAながの須高ぶどう部会・古川孝美さん)「おいしいブドウは作れたと思うので、消費者の皆さんにぜひたくさん食べてもらいたい」

「JAながの」では、10月末まで45万ケースの出荷を予定し、一房1500円から2000円で店頭に並ぶということです。東京や大阪など都市圏のほか、台湾や香港など海外にも輸出されます。