台風15号で水没した田んぼ 国交省ポンプ車による排水始まる 復旧へ夜通し作業 静岡・伊東市

カテゴリ:地域

台風15号の大雨で水田が広い範囲にわたって水没した伊東市の池地区で、たまった水を別の水路に流す作業が始まりました。

伊東市の池地区では水路が倒木や土砂で埋まって水が出せない状態になり田んぼが水没しました。

また停電で近くのポンプ場が機能せず一時約3000世帯が断水しました。

屋根に穴が開き停電が続く飲食店は。

経営者「魚と野菜、これらが全て使えなくなっているのでかなりの打撃になります」

田んぼの復旧作業を行う国土交通省の排水ポンプ車が午後7時前に現地に到着しました。

毎分約7トンを排水することができます。

ポンプに吸い込まないよう水面の木や土砂を取り除いたあと試運転を兼ねて作業が始まりました。

約130メートル離れた別の水路に排水する作業は夜を徹して続けられます。