エンゼルス・大谷翔平選手タイムリーで61打点目 昨シーズンの打点数に並ぶ

岩手・奥州市出身でエンゼルスの大谷翔平選手は、9日のホワイトソックス戦で、2日連続の先制タイムリーを放ち、2019年シーズン61打点目。2018年の記録に並んだ。

8日は、15試合ぶりの17号スリーランを含む猛打賞と大活躍の大谷選手。

9日は、3番DHで出場した第1打席。きれいな逆方向のあたりは三遊間を抜いて2試合連続の先制タイムリーを放ち、2018年シーズンに並ぶ61打点目となった。

しかし、その後はバットが空を切り3三振。

チームも逆転負けを喫し3連勝とはならなかった。