過ぎゆく夏を惜しみながら… 恒例の“箸まつり”で夏のフィナーレ飾る 静岡・伊東温泉

カテゴリ:話題

伊東の夏を締めくくるイベント「箸まつり」が22日開かれ、神輿のパレードや手筒花火など勇壮で幻想的な世界が観光客を魅了しました。

「伊東温泉箸まつり」は、旅館やホテルなどで使われた箸に感謝する祭りとして始められましたが、使う量が減ったことから今では商売繁盛や家内安全などを願うお祭りとして定着しています。

22日は箸を供養するやぐらへの火入れを合図に、4基の神輿が威勢の良い掛け声とともに街を練り歩きお祭り気分を盛り上げていました。

また砂浜では、手筒花火や約1500発の打ち上げ花火が勇壮で幻想的な世界を作り出し、訪れた人たちは過ぎゆく夏を惜しみながらイベントを楽しんでいました。