黒牛、黒豚でW杯頂点へ!男子バレー日本代表が合宿中 中垣内監督が市長表敬 鹿児島

カテゴリ:地域

薩摩川内市で合宿中の男子バレーボール日本代表、中垣内祐一監督が市長を表敬訪問しました。

薩摩川内市役所に訪れたのは、男子バレーボール日本代表中垣内祐一監督です。

男子バレーボール日本代表は、9月のアジア選手権や10月のワールドカップに向けて今月19日から27日まで9日間、サンアリーナせんだいで合宿を行っています。

岩切市長は「選手たちが力一杯、練習できるように応援しています」と激励し、中垣内監督に黒牛、黒豚などの特産品が手渡されました。

中垣内監督は「地元の歓待から我々への期待をひしひしと感じている。スター選手が出るきっかけを鹿児島でつかんでほしい」と話しました。

男子バレーボール日本代表は、今月24、25日に中国代表と国際親善試合を行う予定です。