絢爛豪華な屋台が観光客を魅了 「花輪ばやし」開幕 秋田・鹿角市

カテゴリ:地域

 秋田県鹿角市の夏の風物詩「花輪ばやし」が19日夜、開幕した。豪華絢爛な屋台と軽快なはやしの競演が訪れた人たちを魅了した。

 「花輪ばやし」は鹿角市花輪の幸稲荷(さきわいいなり)神社の例大祭で奉納される伝統行事でユネスコ・国連教育科学文化機関の無形文化遺産に登録されている。

 初日となった19日夜は、町内の10の屋台が花輪の中心部を練り歩いたあと、JR鹿角花輪駅前に集結。全町内によるはやしの競演が披露された。見物客は豪華絢爛な屋台と軽快なはやしの競演に酔いしれていた。

 「花輪ばやし」は20日まで。