小学生がそばの種まき 秋の収穫楽しみに 静岡・裾野市

カテゴリ:暮らし

地域の農業について学ぼうと19日、裾野市の小学生たちが地元で特産品化を進めているそばの種まきに挑戦しました。

裾野市では、地元のJAなどが耕作放棄地を利用したそばの栽培を行っていて、特産品としてのブランド化を進めてます。

19日は須山小学校の3年生5人が学校近くの畑に集まり、手押し式の種まき機を使ってそばの種をまいていきました。

ふかふかに耕された土に足を取られ苦労する場面もみられましたが、子供たちは秋の収穫に思いをはせながら汗を流していました。

そばは、10月に収穫され12月には、そば打ちも行われるということです。