タイのバドミントン代表チーム 国際大会に向け強化合宿 秋田・美郷町

カテゴリ:地域

 開催まで1年を切った東京オリンピックで、秋田県美郷町をホストタウンとしているタイのバドミントンナショナルチームが、町内で強化合宿に臨んでいる。

 美郷町を訪れているのは、タイのナショナルチームの選手とコーチ9人。

 9月に台湾やベトナムで開かれる国際大会に向けて、8月23日まで滞在する予定。

 この合宿は3年前から行われていて、期間中は地元の子供たちを対象にバドミントン教室を開くなど、町民との交流も予定している。

 また2019年は、練習の合間に六郷湧水群など町内の名所を選手に案内し、SNSで世界に発信してもらう取り組みも初めて行うことにしている。

 ティン・イスリヤネット選手は「ここの食べ物が好き。特にご飯は香りが良くやわらかくて好き」と話していた。

 ヌヌン・スバンドロコーチは「選手たちはまだ若い。合宿なので、周りに何も無い環境が集中できる」と環境を評価した。

 20日と21日は北都銀行バドミントンチームも合流し、実践形式の練習などで強化を図る。