鮎とりに来ていた71歳男性、流され「死亡」 川は”台風の影響で増水”

カテゴリ:地域

15日午後、兵庫県上郡町で鮎を取りに行った男性(71)が川に流され、死亡しました。

川は台風の影響で増水していたということです。

15日午後10時半頃、兵庫県上郡町にある千種川で、佐用町に住む熊渕徳幸さん(71)が川に流されました。

警察や消防は16日朝から約100人態勢で捜索活動をしていましたが、その後10キロほど下流の場所で熊渕さんの遺体を発見しました。

熊渕さんは15日朝から義理の息子(40)と鮎を取りに行っていて、当時、川は台風10号の影響で増水していて、水深は1.8mほどあったということです。