釧路で猛烈な雨 冠水や住宅の土台崩れる あす朝まで激しい雷雨に警戒 北海道

カテゴリ:地域

 接近する台風の影響で釧路市では湿った空気が流れ込み、道路が冠水したり、家の土台が崩れるなどの被害が出ています。午後5時現在の釧路市内の様子をお伝えします。

 (木村洋太記者が報告)

 こちら釧路市住吉1丁目の住宅街です。現在は雨、風は止んでいて落ち着いた天候になっています。

 しかしご覧いただいているように、住宅の周りを囲んでいた柵やコンクリートの壁が午後3時ごろ、突然大きく崩れ落ちました。

 中には大きさ3mを超す巨大なコンクリート片も落下していて、当時、中にいた方によりますと、大きな揺れを感じ何が起きたか把握できなかったと話していました。

 消防によりますと、この崖崩れでけがをした人はいませんでしたが、16日の釧路市は朝から猛烈な雨が一時的に降っては止むような天気が続いていて、崖崩れ以外にも複数の道路で大規模な冠水が起きるなど生活に影響が出始めています。

 釧路地方では、17日朝まで雷が伴う非常に激しい雨が降る見込みで、今後も警戒が必要です。