「ヲタ芸」西九州チャンピオン 市長にオリジナルダンスを披露【佐賀県伊万里市】

カテゴリ:地域

今年6月、光る棒を使ってダンスを踊る「ヲタ芸」の西九州大会で優勝した伊万里市のチームが16日伊万里市役所を訪ね喜びを報告をしました。

伊万里市の深浦弘信市長を訪ねたのは、伊万里市のヲタ芸チーム「ビームサーガイマリ」のメンバー6人です。

「ヲタ芸」は、光る棒「サイリウム」を使い直線や曲線の光の軌道をダンスと組み合わせて表現するもので、今年1月には東京で世界大会が開かれるなど、新たなパフォーマンスとして注目されています。

「ビームサーガイマリ」のメンバーは、今年6月に長崎県でひらかれたオタ芸&サイリウムダンスグランプリ西九州大会の「団体」部門に出場し参加した8チームの頂点に立ちました。

「ビームサーガイマリ」リーダー山田諒さん:「自分たちで振り付けを考えたりしたので成果が出たことが一番うれしい(今後は)もう少しレベルアップした技を合わせたい」