【北海道の天気 8/15(木)】台風接近 あす夕方から大荒れ天気 早めの備えを

カテゴリ:地域

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時00分現在

◆台風10号の見通し

 大型の台風10号は午後3時ごろ、広島県呉市付近に上陸しました。

 あさって土曜日ごろに北海道に接近する見込みで、温帯低気圧に変わっても大雨や暴風、高波に警戒が必要となります。

 金曜日の夕方ごろから道南で大荒れの天気となり、夜以降が雨風のピークの予想です。

◆警戒のポイント

 胆振や石狩南部では最大300ミリと雨量がかなり多くなるおそれがあります。

 また桧山地方、宗谷地方は瞬間的には35メートルの暴風が吹く見込みで警戒が必要です。

 その他の地域でも風が強まりますので、飛ばされやすいものは、あす日中のうちに室内へ片付けるようにしてください。

◆札幌 区ごとの予想

 朝から雨で、夜遅くほど雨風ともに強まるでしょう。

 西区・手稲区は最高気温が30℃とかなり蒸し暑くなりそうです。

◆あすの予報

 南西部では強い風をともなって雨が降る見込みで、夕方以降は1時間に50ミリと、滝のように降る非常に激しい雨が予想されています。

 熱帯の空気が流れ込むため上川・留萌では気温が高く、小平町は最高気温が34℃まで上がる見込みです。

 全道的に東寄りの風が強く吹き、渡島・桧山では大しけとなるでしょう。

◆週間予報

 土曜日の午後から天気が回復し、日曜日はくもりとなりそうです。

 ただ、大雨で地盤が緩んでいたり、川が増水している可能性がありますので、雨が止んでも油断をしないようにしてください。