「サンマなんて1匹も揚がんない!」 かつてない不漁 サンマ水揚げゼロ 北海道根室市

カテゴリ:地域

 こんがりと焼けた秋の味覚・サンマ。

 脂が滴り落ちるサンマは、この時期の北海道の定番です。

 14日朝、北海道根室市の花咲港に戻ったサンマ漁船。

 次々と水揚げされているのは…。

 サンマ漁師:「(Qサンマじゃないの?)サンマなんて1匹も揚がんない!初めてだって、こんなの」「サンマいないから」

 サンマ漁師:「(Q本当はサンマを取りに行った?)本当はね。いないからイワシ取った」

 水揚げされたのはイワシばかりでした。

 14日朝、戻ってきた21隻は8月10日から北方領土周辺のロシア海域で操業していましたが、サンマの魚群が全くいなかったため、イワシを取って戻りました。

 7月の解禁以降、ほとんど水揚げがなく、ポスターの下にはカニが並びます。地元の根室市でも店頭にサンマが並ぶことはないといいます。

 根室海鮮市場・鈴木一彦社長:「サンマないですか?って声は良く聞きます。はしりの時期で、皆さん刺身で食べたいので」

 15日出漁する中型船は、ロシア海域にサンマがいないため、公海に出て漁をするということです。