道東道 乗用車がガードロープに衝突 66歳男性死亡 死因と事故原因調べる 北海道千歳市

カテゴリ:地域

 14日午前、北海道千歳市の道東自動車道で、66歳の男性が運転する乗用車が中央分離帯に接触後、ガードロープに衝突し、男性は死亡しました。

 警察は死因と事故原因を調べています。

 事故があったのは、千歳市中央の道東道で、14日午前7時30分ごろ夕張方面に向かっていた乗用車が中央分離帯に接触した後、道路左側のガードロープに衝突し、止まりました。

 乗用車を運転していた札幌市中央区の会社役員・内山謙士郎さん(66)が、病院に搬送されましたが、死亡しました。

 車は左の前の部分が壊れていますが、警察によりますと、内山さんに目立った外傷は見られないということです。

 現場は見通しの良い片側2車線の直線道路で、警察は内山さんの死因と事故の原因を調べています。