台風10号情報 広島県の気象予報15日午後最接近

カテゴリ:地域

大型の台風10号は、あす15日昼過ぎから夕方にかけて広島県に最接近する見込みです。

暴風や高波・土砂災害などに警戒が必要です。

大型の台風10号は、きょう14日午前11時に種子島の南東およそ270キロにあり、1時間におよそ10キロの速さで北北西に進んでいるものとみられます。広島県にはあす15日昼過ぎから夕方にかけて最接近し、上陸するおそれがあります。

台風の接近に伴い、広島県では、海上できょう夜遅くからあす夜遅くにかけて風が非常に強く吹き波が高くなる見込みで、陸上でもあす朝から夜はじめ頃にかけて風が非常に強く吹くでしょう。

あすの最大風速は南部・北部ともに、陸上で20メートル、海上では25メートルで最大瞬間風速は35メートルの予想です。暴風や高波に警戒が必要です。

広島県では大気の状態が非常に不安定となり、あす昼前から夕方にかけて大雨が降るおそれがあります。土砂災害や高潮、河川の増水や氾濫などに警戒が必要です。