台風10号情報 広島県交通への影響14日お昼のニュース

カテゴリ:地域

台風10号により交通機関が大きな影響を受けています。

JRはあす15日の山陽新幹線と、広島・岡山・山口県の在来線で全ての列車を始発から全て運転見合わせにすると発表しました。

あす15日に運転見合わせとなるのは、山陽新幹線の新大阪‐小倉間と県内全ての在来線で、始発から全て運転を見合わせると発表しました。

JR広島駅では、広島から東京方面へ向かう上りの指定席が満席の状態で、自由席も混雑する見通しです。

【利用客は】

「ちょっとチケットが手に入ってなくて自由席を広島始発で帰ろうかなと思って並ぶ覚悟で来た」「(帰るのを)1日早めました。あしたは(新幹線が)止まると聞いていたのできょう、もう、帰ろうと思って早いうちに帰ることにしました」

台風の接近に伴い、きょう14日夕方からも県内各線で大幅な遅れや運転を取りやめる可能性があるということです。

また影響は16日にも残る可能性があります。今後の列車の運行情報には十分ご注意ください。

また、海の交通には、すでに影響が出ています。

広島港から呉・松山に向かうフェリーは、始発便を除く9便が終日欠航、高速船も午後0時以降の8便は欠航しています。