猛暑の中のお盆墓参り 里帰りした人が墓前で手を合わせる【佐賀県佐賀市】

カテゴリ:地域

お盆に入り、佐賀県内の寺には里帰りした人たちなどが墓参りに訪れ、先祖の霊を慰めていました。

このうち、佐賀市本庄町の高伝寺では、本堂で住職がお経を唱えるなか、訪れた人は先祖の霊を慰めていました。また、墓前では暑さをしのぎながらホオズキや菊の花を供えたり墓石を掃き清めたりしたあと先祖に手を合わせていました。

また、14日の県内の最高気温は佐賀で35℃、伊万里で33℃が予想されています。気象台は熱中症になる危険が高まっているとして、こまめに水分補給をするなど十分な対策をとるよう呼びかけています。