西日本に向かう旅行客「外出難しいかも」 台風10号 15日夜非常に激しい雨 静岡県

カテゴリ:暮らし

大型の台風10号は15日にも西日本に接近する見込みで、県内でも波が高くなっているほか、15日夜から非常に激しい雨が降る見込みです。

大型の台風10号は11時現在、時速10キロで北北西に進んでいるとみられ、15日にやや勢力を弱めて西日本に接近する見込みです。

県内は台風周辺の温かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

台風の速度が遅いため影響が長引き、15日の朝までの24時間に降る雨の量は最大150ミリ、その後16日の朝までに最大400ミリが予想されています。

また波はうねりを伴い、5メートルから7メートルの大しけとなる予想です。

静岡市駿河区の用宗漁港ではすでに船の避難や固定を行い、台風に備えていました。

漁協の職員

「東岸壁の方は焼津の港にほとんどの船が避難していますね。今回の台風は大きいということで早めに避難していますね」

気象台は高波や土砂災害低い土地の浸水に加え、激しい突風に注意を呼びかけています。

一方、静岡空港は、中国東方航空が台風の影響で、14日の杭州便と上海便の運航を取りやめました。

福岡便や出雲便を運航するFDAは、14日と15日に欠航や引き返す可能性があるとして取り消しや予約日の変更を無料で行っています。

出雲に帰省する親子

「ずっと心配で、きょうも欠航になるかと思っていました。 あちらでも過ごせるか、外出が難しいなと思ってます」

長崎旅行に向かう女の子

「たのしみ。けどね、台風が来るもんでちょっとね・・・。ペンギン水族館に行くから雨が降ってイベントが中止にならないか心配」