台風10号 沿岸に高波 今後風雨が強まる予想

カテゴリ:暮らし

北上を続ける超大型の台風10号は、西日本に上陸するおそれがあります。

県内でもすでに波が高く、14日夜からは強まる雨に警戒が必要です。

超大型の台風10号は、種子島の南東の海上を1時間に15キロの速さで西北西に進んでいて、15日にも西日本に上陸するおそれがあります。

県内では現在、波浪・雷注意報が出されていて、波はうねりを伴い、高さは14日に6メートル、15日に8メートルと予想されています。

今回の台風は超大型である一方、スピードが遅いため、影響が長引く見込みです。

多いところでは1時間に80ミリと、もうれつな雨が降る見通しで、14日正午からの24時間に予想される雨量は200ミリから300ミリとなっています。

また最大瞬間風速は、海上で25メートルと予想されています。

気象台は、高波や高潮、長時間にわたる雨などに警戒するよう呼びかけています。