県と愛南町が無許可工事…漁港などで60件 天然記念物保護関連で手続きせず【愛媛】

カテゴリ:地域

愛南町の漁港などで、県と町が所定の許可申請や届出をせずに防波堤の改修などあわせて60件の工事を行っていたことが分かりました。

県と愛南町の謝罪会見「誠に申し訳ございませんでした」

防波堤などの無許可工事が行われていたのは、宇和島市須下から愛南町全域の海岸線約210キロにわたる範囲です。

先月11日、愛南町の職員が工事を行う上で必要な所定の手続きが行われていないことに気づき調べたところ、あわせて60件の無許可工事が判明しました。

愛南町沿岸には貝類や海藻類など県指定の天然記念物が生息しているため、工事を行う際には文化財保護条例に基づく許可申請や届け出をする必要がありますが、県と町は所定の手続きを行っていなかったということです。

県と愛南町は今後、工事の施工状況や天然記念物の保存状態について調査したうえで、許可申請や届出などをしていくとしています。