超大型台風10号のろのろ北上中 鹿児島県は14日朝以降に暴風域か

カテゴリ:地域

超大型の台風10号は13日午後6時現在、種子島の南東の海上にあって、時速15キロという自転車並みのゆっくりした速度で北上しています。

中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は40メートルで、鹿児島県内のほぼ全域が風速15メートル以上の強風域に巻き込まれています。

台風は14日には強い勢力に発達し、14日~15日に九州の東沖から四国・中国地方へ進む予想です。

台風が予報円の中心を進んだ場合、風速25メートル以上の暴風域に入る時間帯は、種子島・屋久島は14日朝、薩摩・大隅は14日昼すぎの見込みです。

薩摩・大隅、種子島・屋久島地方は14~15日に大荒れの天気となり、大雨や暴風のおそれがあります。

予想雨量は15日夕方まで多い所で、大隅地方と種子島・屋久島地方で380ミリ、薩摩地方で200ミリ、奄美地方で220ミリとなっています。

また、14日にかけて最大瞬間風速35~45メートルの暴風が吹くおそれがあります。

海上は15日にかけて6~8mの警報クラスの高波が予想されています。

台風の動きが遅いため、雨や風、高波の影響が長く続くおそれがあります。

お盆の期間の交通への影響にご注意ください。また、暴風雨で外が危険な場合は不要不急の外出は控えましょう。