台風10号…15日に愛媛へ最接近 西日本豪雨級の記録的大雨の恐れも

カテゴリ:地域

台風10号は15日に県内に最も接近し、西日本豪雨並みの記録的な大雨をもたらす恐れがあります。土砂災害や河川の氾濫などに警戒が必要です。

超大型の台風10号は暴風域を伴う強い勢力を保ちながら、日本の南の海上をゆっくり北上しています。

松山地方気象台によりますと、15日の昼前から昼過ぎにかけ県内に最も接近する見込みです。

14日の午後から、県内ではいずれも多いところで1時間に最大50ミリの非常に激しい大雨となる予想で、14日正午からの24時間に中予と東予で400ミリ、南予で500ミリの記録的な大雨となる恐れがあります。

すでに強風域に入っている南予では現在、波浪警報が出され、14日の明け方には6メートルを超えるうねりを伴う大しけとなる見込みで、東予と南予では大潮の時期とも重なり高潮にも警戒が必要です。

このため県内と九州各地を結ぶフェリーがすでに欠航するなど交通機関に影響が出始めています。

西日本豪雨並みの記録的な大雨となる可能性もあり、早めの避難を心がけるなど土砂災害や河川の氾濫に警戒が必要です。