お盆の入り 長崎の墓地で墓参り 精霊流しに台風の影響は

カテゴリ:地域

13日は、お盆の入りです。

長崎市内の墓地では、朝から墓参りをする家族連れなどの姿がありました。

斜面に多くの墓が並ぶ、長崎市の寺町かいわいです。

13日はお盆の入りで、先祖の供養に訪れた人たちが朝から長い階段を登ります。

午前8時現在で、長崎市内の気温は30度を超えていて、訪れた人は暑さの中、落ち葉をきれいに掃いたり、墓石を清めたりしました。

そして、掃除が終わると、静かに手を合わせていました。

墓参りに訪れた人は「忙しくて墓参りに行ける時が少ないので、この機会に掃除したりするのはよい。」

「何事もなく、家族で幸せに過ごせたらいいと思う」

15日は、長崎県内各地で精霊流しが行われる予定ですが、台風の接近を気にしながらのお盆となりそうです。