エンゼルス・大谷翔平選手 2試合連続マルチヒット チームの勝利に貢献

岩手・奥州市出身でエンゼルスの大谷翔平選手は、12日のレッドソックス戦も、3番DHで出場し、2試合連続のマルチヒット、接戦で貴重な2点を挙げる活躍を見せた。

11日の試合では2安打と好調の大谷選手。12日はコンパクトに堅実なバッティングを見せた。

12日のレッドソックス戦、第1打席は約155キロの速球をレフト前へはじき返すと、2回表、2アウト満塁のチャンスで迎えた第2打席は、外角のチェンジアップをバットの先で合わせ、センター前への2点タイムリーヒット。11日に引き続き満塁で結果を残した。

さらに7回表の第4打席では、フルカウントから内角の球をレフト前へ運び3安打。今シーズン7回目の猛打賞。

大谷選手は5打数3安打2打点をあげ、打率は2割9分ちょうど。

チームは延長10回を1点差で制した。

大谷選手は「それぞれよかったと思う。アウトになった打席もヒットになった打席も大事にしたい。勝てていい流れでホームに行けるんじゃないかと思っている。」と話した。