秋田・横手市と大仙市で突風か?気象台 原因特定に現地へ

カテゴリ:地域

 10日、秋田県横手市などで突風が原因とみられる屋根が剥がれる被害が相次いだことを受けて、秋田地方気象台は11日現地に職員を派遣し調査を行った。

 

 県内では、10日未明から激しい雷雨に見舞われ、横手市や大仙市では屋根が剥がれるなど被害が相次いだ。このうち、横手市大森町の住宅ではトタン屋根が剥がれて約100メートル飛ばされたため、気象台の職員3人が住民に聞き取りをしたり現地を確認した。

 被害にあった住民は「ガツンという音がして驚いた。まさか屋根が飛ばされたとは。雨と風が強かった。おっかねがった、あっという間にやられた」と当時の状況を克明に語った。仙台管区気象台の菅原寿調査係長は「屋根が東の方に飛んでいて、草が東側に寝ているということがわかった。きのうは大気が不安定な状態だったので、局地的な風が吹くということは考えられる」と分析する。

 県内には、当時「竜巻注意情報」が出されていて、秋田地方気象台では突風をもたらした原因を調べている。