高校生が「ごみ拾い」競う 新スポーツ「スポGOMI甲子園」 熱戦!県予選【佐賀県唐津市】

カテゴリ:地域

全国25都道府県の高校生がごみ拾いを競い合う「スポGOMI(ごみ)甲子園」の県予選が唐津市で開かれました。

「優勝目指します」「勝つぞー」「スポGOMI(ごみ)甲子園」はごみ拾いを競い合うことで海洋ごみ問題について考えてもらおうと、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環として開かれたものです。10日の県予選には、24人が参加し、3人一組で60分間、海水浴場や虹の松原一帯のごみを拾い、質と量を競いました。参加者は炎天下のなか汗を流しながら、日本発祥の地球に優しいスポーツに打ち込んでいました。

【参加した高校生は】「めっちゃ集まっている。燃えるごみが多く集まっている」「運転する人がポイって捨ててるからペットボトルが多いかなと思ったけど案外少なかった」

優勝チームは今年9月に東京で開かれる全国大会に県代表として出場する予定です。