岩手・奥州市出身 エンゼルス大谷翔平選手 珍打でラッキーなツーベースヒット

9日、花巻東高校が、甲子園で試合をしている全く同じ時間帯にアメリカでは、花巻東高校の先輩、エンゼルスの大谷翔平選手が試合に臨み、非常に珍しいツーベースヒットを打った。

アメリカでの舞台は敵地のボストン。それでも大人気の大谷選手に向かって、日本語のメッセージを掲げ、サインを求めるアメリカ人男性の姿があった。

男性の情熱が伝わり、大谷選手からサインをもらえた。男性の驚くほど流ちょうな日本語でエールを受けた大谷選手は、第1打席で驚きのヒットを見せる。

大谷選手が止めたバットにボールが当たり、打球は三塁線へのボテボテのゴロ。

これをサードがファウルになると判断し、見送ったが、打球は、そのまま切れずにレフト線へ。ラッキーなツーベースヒットになった。

エンゼルスのチーム全体のヒットは、このツーベースヒットを含む2本だけ。エンゼルスは今シーズン最も長い7連敗となった。