いざ決戦!飯山ナイン「仕上がりは順調」 9日第2試合で仙台育英と対戦 長野・飯山市

カテゴリ:地域

春夏通じて初の甲子園出場の飯山高校ナインはいよいよ9日、決戦の舞台に立ちます。初勝利に向け、チームの仕上がりは順調です。

兵庫県内の球場で、2時間ほど練習を行った飯山高校野球部。球の速い仙台育英の投手陣を想定して、バッティング練習ではマウンドの1メートル手前からボールを投げました。

(1番バッター・大川陸主将)「初回の打撃でどれだけインパクトを与えられるか、そこを意識して明日の試合はやる」

勝敗のカギを握るのが、エースの岡田とメンバー唯一の2年生、常田を中心とした投手陣です。県大会では、シード校と戦った準決勝までの5試合、失点はわずかに3点で、初優勝の原動力となりました。

(岡田恵太投手)「初戦ということで2年生(常田)には任せられないので、3年生の自分がやっていかないと」

(常田唯斗投手)「(自分が投げたいというのは?)あります」

(吉池拓弥監督)「1、2点負けてても僅差で後半に入れば、彼らの粘り強さがあれば終盤に巻き返せる」

飯山の初戦は9日の第2試合、宮城県代表の仙台育英と対戦します。

(大川陸主将)「終わった後にいい試合だったと言えるように頑張りたい」