川内原発1号機が27日定期検査へ テロ対策施設期限に九電「厳しい」

カテゴリ:ビジネス

川内原発1号機は27日からおよそ3カ月間発電を停止して行う定期検査に入ります。

27日から行われる川内原発1号機の定期検査では原子炉等規制法に基づき、9つの設備で174項目の検査が行われます。

燃料集合体157本のうち3分の1を取り替える工事も行われます。

定期検査はおよそ3ヶ月かけて行われ、作業が順調に進めば11月1日に終了する予定です。

なお、川内原発1号機はテロ対策施設の建設が遅れていて、来年3月に停止することが確実となっていますが、25日の会見で九電は改めて設置期限の3月までの完成は厳しいとの見解を示しました。