「寝付かず腹立った」介護利用者の顔面を何度も殴り死亡させる…24歳介護職員男逮捕 札幌市

カテゴリ:地域

 介護サービスを利用していた35歳の男性の顔面などを何度も殴り死亡させたとして、北海道札幌市豊平区の24歳の介護職員の男が逮捕されました。

 傷害致死の疑いで逮捕されたのは札幌市豊平区中の島の介護職員、太田幸司容疑者(24)です。

 太田容疑者は2019年7月19日午後5時30分から20日午前7時25分頃までの間、札幌市東区の共同住宅で介護サービスを利用していた男性の顔面などを複数回殴るなどの暴行を加え、無職の山下茂樹さん(35)を脳ヘルニアにより死亡させた疑いがもたれています。搬送先の病院からの通報で事件が発覚しました。

 山下さんは身体に障がいがあり、事件当日は太田容疑者が泊まり込みで介護をしていたということです。

 調べに対し太田容疑者は「寝付かないから腹をたててやった」と容疑を認めているということです。警察が詳しく調べています。