長崎県対馬では浸水被害の後片付けも

カテゴリ:地域

台風の影響で住宅に浸水被害が出た対馬市では、朝から住民が片付け作業に追われました。

対馬市厳原町の桟原地区です。

この地区では20日6棟が床上浸水し、朝から住民が流れ込んだ土砂などの片付けに追われました。

「1cmか2cm水が入ってきた。滑って歩けないから2階に避難した」

対馬市では18日の降り始めから21日午後4時時までの総雨量が466mmに上っていて、厳原町の県道ではガケ崩れも発生しています。