長崎県内の土砂災害警戒情報は午前中に解除

カテゴリ:地域

21日午前諌早市や大村市などに出されていた土砂災害警戒情報は全て解除されましたが、県内では土砂崩れや交通の乱れが発生しました。

台風5号は日本海を北東に進んでいます。

暖かく湿った空気の影響で早朝、所によって激しい雨が降り長崎や諫早などに一時土砂災害警戒情報が出されました。

諫早市では午前7時前後の1時間に47ミリの雨量を記録し、本明川では一時水防団が待機する水位にまで上がりました。

この雨の影響で、21日JRは、長崎と博多を結ぶ特急かもめなどに運休や遅れが発生したほか、高速バスでは長崎と福岡、大分、宮崎、鹿児島を結ぶ便が全て運休しました。

高速バスの22日の運行は22日朝の判断になるということです。

愛知へ「高速バス止まっていますどうしようかなって帰るに帰れないでしょう」

福岡へ 「福岡でフェス…アイドルのライブ、フェスに行く予定だったんですけどだめでしたね」

県内では21日午前にかけてガケ崩れが発生したところもあります。

これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあり、気象台は21日夜遅くまで土砂災害に警戒するよう呼びかけています。