華麗なライディングを披露 県民体育大会でサーフィン競技 種子島

カテゴリ:話題

種子島で県民体育大会のサーフィン競技があり、サーファーたちが波乗りの技を披露しました。

県民体育大会のサーフィン競技は、熊毛地区限定の特別種目として14年前から行われています。

今回は時折強い雨が降ったものの、波は十分にあるコンディションで、10代から50代まであわせて36人の選手たちは高得点狙いのライディングを披露していました。

サーフィン競技は来年のかごしま国体で、デモンストレーションスポーツとして行われる予定です。