「お金戻すからカードと暗証番号を」警察官・金融庁職員名乗る男に80代女性盗まれる 札幌市

カテゴリ:地域

 北海道札幌市白石区に住む80代の女性が、自宅を訪れた金融庁職員を名乗る男にキャッシュカードや暗証番号を書いたメモなどを盗まれる被害に遭いました。警察は窃盗事件として調べています。

 窃盗の被害にあったのは札幌市白石区に住む80代の女性です。

 女性は2019年7月13日、警察官を名乗る男から「詐欺グループを逮捕したらその中に銀行員もいた。あなたの口座からお金が引き出されている。お金を戻す手続きを取るので、キャッシュカード、通帳、暗証番号を書いたメモを封筒に入れて準備しておいて」などという電話がありました。

 これを信用した女性は、自宅に現れた金融庁職員を名乗る男に封筒を手渡し、男とやりとりをしている間に封筒を盗まれたということです。

 警察はオレオレ詐欺に似た窃盗事件として捜査するとともに、絶対に他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えないよう注意を呼び掛けています。

 北海道警察によりますと6月末現在、特殊詐欺に似た窃盗事件は2019年に入り13件と前年より6割以上増えていて、被害金額は3700万円あまりで前年の3倍以上となっています。