知人を刃物のようなもので切りつけた疑い 殺人未遂容疑の男を送検

カテゴリ:地域

知人の男性を刃物のようなもので切りつけるなどして殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで逮捕された43歳の男が、鹿児島地方検察庁に送検されました。

送検されたのは、鹿児島市下荒田4丁目の無職、渡邊大生容疑者です。

警察によりますと、渡邊容疑者は今月11日の夜、自宅で35歳の知人男性の頭などを刃物のようなもので切りつけるなどして、殺害しようとした疑いがもたれています。

男性は頭や肩、背中に多数の切り傷を負いましたが、命に別条はないということです。

警察の調べに対し、渡邊容疑者は「たたいたりしたことは間違いないが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということです。