福岡県議会 16年ぶりに会期延長 「熱意伝わらない」 JR日田彦山線 知事答弁に自民県議反発

カテゴリ:地域

JR日田彦山線の復旧に関する知事の答弁を巡って紛糾した福岡県議会は、会期を延長し12日閉会しました。

福岡県議会はJR日田彦山線に関する小川知事の答弁を巡って、自民党の県議が「復旧にかける熱意が伝わらない」と強く反発し、予算委員会の審議が2日間に渡って中断しました。

そのため県議会は16年ぶりに会期を延長し、12日、本会議で2019年度の当初予算案や県の宿泊税条例案などを可決して、閉会しました。

【福岡県 小川 洋 知事】

「私の答弁がきっかけとなって会期内に議論が終わらなかったことについては、申し訳ないと思う」

4月の知事選で、新人の対抗馬を応援した自民党県議団と小川知事との間に残ったしこりは、依然として大きいようです。