ハンセン病家族訴訟  安倍総理談話で「反省とお詫び」

カテゴリ:地域

国が控訴を断念したハンセン病家族訴訟について12日安倍総理が談話を発表し「深く反省し心からおわび申し上げる」とハンセン病元患者の家族に謝罪しました。鹿児島県内に住む原告団の男性は「ハンセン病問題解決に向け国はさらに努力してもらいたい」と話しています。

先月、熊本地裁は、国のハンセン病隔離政策により元患者の家族も深刻な差別被害を受けたとして国の責任を認め、損害賠償の支払いを命じる判決を言い渡しました。

これをうけて安倍総理は今月9日、控訴の断念を表明していましたが、12日新たに談話を発表しました。

安倍総理は談話の中で家族に差別が存在したことを認め「政府として深く反省し、心からお詫び申し上げます」と家族に対して謝罪したうえで元患者の家族と直接会う意向を示しています。

また、裁判への参加・不参加を問わず、ハンセン病元患者の家族を対象とした補償についても今後、検討するということです。

原告団の副団長として裁判を戦った奄美市の赤塚興一さんは12日の談話を受けKTSの取材に答えました。

ハンセン病家族訴訟原告赤塚興一さん「裁判で終わったら元も子もない。ハンセン病が普通の病気だったと話せるようになれば良いと思う」