長崎大学が長崎みなとメディカルセンターに医師派遣方針

カテゴリ:地域

長崎市における救急医療体制の整備を図ります。

長崎大学は「救急・国際医療支援室」を設立し、現在、救命救急センターがない長崎みなとメディカルセンターに医師を派遣する考えを明らかにしました。

長崎大学 河野 茂 学長「長崎みなとメディカルセンターの救急医療の構築を助成するために長崎大学病院内に救急・国際医療支援室の設立を検討しています」

長崎大学の河野茂学長は12日の定例記者会見で、長崎大学病院の高度救命救急センター内に「救急・国際医療支援室」を設立する方針を明らかにしました。

専門医を確保できず、救命救急センターがない長崎市の「長崎みなとメディカルセンター」からの要請を受けて設置されるもので、長崎みなとメディカルセンターに医師を派遣します。

救急・国際医療支援室は6人ほどで構成される予定で、必要に応じて発展途上国や災害地域での医療支援も行います。

今年度中の設立を目指していて、長崎みなとメディカルセンターの「救命救急センター」も設置に向けて動き出します。