「今がチャンスだ」外国人観光客を増やそう 鹿児島市で研修会

カテゴリ:地域

日本を訪れる外国人観光客、「インバウンド」を県内で増やそうと鹿児島市で研修会が開かれました。

この研修会は県と県観光連盟が県内の企業や自治体に対して外国人観光客について学んでもらおうと、5年前から開いているものです。

観光庁によりますと、鹿児島県の外国人のべ宿泊者数は2011年から7年連続増加していて、去年は約83万人と過去最多となっています。

研修会では、海外で活躍する講師が、外国人観光客の中でも日本の地方を訪れた人はまた違う地方に訪れる傾向があるため、現状は鹿児島県にとってチャンスになっていることなどを参加者らに伝えていました。