中学校教師が女子高校生と知りながら淫らな行為 逮捕を受け教育委員会が謝罪【福島県二本松市】

カテゴリ:地域

高校1年生の女子生徒とみだらな行為をしたとして中学校教師が逮捕された事件を受け福島県二本松市の教育委員会が謝罪した。

二本松市の中学校教師、尾形泰裕容疑者(34)は今年4月、高校1年生の女子生徒が18歳未満であることを知りながら、福島市内のホテルでみだらな行為をした疑いが持たれている。(県青少年健全育成条例違反の疑い)

捜査関係者によると尾形容疑者は交流サイトで女の子を探していたとみられていて、調べに対し「教師の立場で申し訳ないことをした」と容疑を認めている。

二本松市では臨時の小中学校長会議などを開き再発防止に努めることにしている。