【北海道の天気 7/11(木)】低気圧が北海道の西に居座る見込み 買い物などはあす午前中に!

カテゴリ:地域

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時00分現在

◆低気圧が接近、停滞

 きょうまではオホーツク海にある高気圧が頑張っていたので、西の地域ほど晴れていました。

 あすは日本海にある低気圧が北海道の西に移動してきて、南西部から雨が降り出します。

 そしてオホーツク海にある高気圧が低気圧をブロックするため、低気圧は月曜日まで北海道の西に居座る見込み。

◆3連休のポイント

 土曜日は太平洋側を中心に1日中雨。南西部は風も強まり、荒れた天気となりそう。

 日曜日は札幌近郊は曇りマークですが、にわか雨には注意。月曜日にかけても同じような傾向です。

◆札幌 区ごとの予報

 南区では早ければ正午ころから雨。そのほかの地域も午後3時くらいには雨が降り出しそうです。

 南東の風がやや強く吹くので、しっかりした傘がオススメ。

◆あすの予報

 あすは南西部から雨の範囲が広がります。道北は夕方から、道東は夜から雨が降り出します。

 

◆あすの予想気温

 内陸部は暑さが続きます。旭川、名寄は25℃以上の夏日となる予想です。

 湿度も高くなっていくので、ムシムシ、ジメジメとした体感が徐々に上がっていく予想です。