掘削作業でトンネルに穴開け…通過の特急列車を損傷 JR長崎本線

カテゴリ:地域

一歩間違えば大事故につながる恐れもありました。

JR長崎本線の長崎トンネルの上で行われていた掘削作業中に、機材がトンネルの天井を突き破り特急列車の一部が損傷しました。

ケガ人はいませんでしたが、長崎本線は約6時間運転を見合わせました。

11日午前10時半ごろ、長崎から博多に向かっていた特急かもめ16号が、長崎市の浦上駅と現川駅の間にある長崎トンネルで異常な音を感知し、緊急停車しました。

乗客154人にけがはありませんでしたが、車両の一部が損傷しました。

JR九州長崎支社総務企画課 高橋 雄一 さん「何個が傷がついている、一番大きいのが車両の前面にですね(どのくらいの大きさですか?)簡単な目測にはなるが、だいたい1メートルくらいの傷」

KTN記者「今回の事故は、こちらでのボーリング調査が原因だとみられている、現在は作業をしている人の姿はない」

原因は長崎トンネルの上、鉄道・運輸機構が発注した長崎市川平町でのボーリング調査です。

九州新幹線西九州ルートのトンネル工事の影響で渇水が起きたことを受け、井戸を掘るための調査をしていました。

掘削中に調査で使う金属のポールが、トンネルの天井を突き抜け車両にあたったということです。

長崎本線は約6時間後に運転を再開しましたが、特急と普通列車の計33本が運休し、約6000人に影響が出ました。

博多からの乗客「あまりアナウンスもなくて何で止まっているんだろうと思いながら1時間半くらい電車に閉じ込められて大変だった。会議に間に合わなかった」

利用客「福岡に帰ります。バスで帰ろうかなと」

ボーリング調査を発注した鉄道・運輸機構は「一歩間違えば大事故につながる可能性もあったことから、深刻に受け止めている」とコメントしています。