溺れた際の対処法は 海保職員が児童に指導

カテゴリ:地域

夏休みを前に、中種子町の児童が水辺で遊ぶ時の注意点を海上保安署の職員から学びました。

子ども達が服を着たままペットボトルを抱え、プールに浮いています。

この水上安全教室は、「種子島中央くらし・しごとサポートセンター」の主催で行われました。

参加したのは、中種子町の星原小学校の児童20人です。

種子島海上保安署の職員の指導を受け、溺れた時に無理をせず水に浮かぶ練習をしました。

胸をはって足を上げるのが、うまく浮くコツだということです。