危険運転減少へ 交差点や横断歩道で取締り 11件検挙【佐賀県佐賀市】

カテゴリ:地域

夏の交通安全県民運動にあわせ、佐賀市では11日横断歩道上での事故を減らそうと取り締まりが行われました。

この取り締まりは横断歩道に歩行者がいても止まらない危険な運転を減らそうと、夏の全国交通安全運動に合わせJR佐賀駅周辺を中心に行われたものです。約40人の警察官らが交通量の多い交差点や横断歩道7カ所で取り締まりを行い、歩行者が横断歩道を渡ろうとしているのに停止しない、横断歩行者等妨害等違反などで11件検挙したということです。

警察によりますと、今年1月から5月末までに起きた県内の歩行者の人身事故142件のうち、横断歩道で起きている事故は56件と、約4割を占めています。